コレクター向け 豆知識 遊戯王

シクブルの真贋が話題に!! シクブルの本物と偽物の見分け方!!

おはようございます。

今回は最近話題になっているシクブルの偽物についてお話していきます。

まず、なぜ話題になっているのかと言いますと、どうやらmagiが出品したシクブルが原因になっているようです。

PSA鑑定済みのシクブルに対してとある方が偽物だと主張したそうです。

それに対してmagiが法的措置を検討するといった言葉で対応しました。

しかし、出品したシクブルをよく見てみると偽物の可能性が出てきたというわけです。

それほどまで精巧に作られたシクブルが存在するのでしょうか?

また、なぜ偽物の可能性があると思ったのでしょうか?

今回は僕がわかる範囲でお伝えしていきます。

PSA鑑定でも見破れないほどの偽物が存在するの?

f:id:gameliveperson:20200910222048j:plain

結論から言ってしまえば偽物は、

あります。

これは僕がコレクターを始める何年も前から言われてきていることだそうです。

そしてその偽物は本物とほとんど見分けがつかないということもコレクターを始めてからすぐに知ることができました。

ただ、本物のシクブルを持っている方からするとやはり偽物には特徴があり、しっかりと見分けることができるそうです。

PSA鑑定で偽物が鑑定されてしまうことについては、PSA鑑定のほうが曖昧でシクブルほど精巧な偽物は、本物と同じように鑑定されてしまうようです。

ですのでシクブルに関していえばPSA鑑定は信用せず、本物を所持している方に意見を仰ぐほうが良いかと思われます。

本物と偽物の違い

まず、偽物のシクブルがどのように偽造されているかということについてですが、複数のコレクター様の意見を聞く限り、初期ウルトラにシークレット加工+ネームダイヤモンドカット加工を施しているようです。

ですので、一番見分けがつくのは加工されたネームとイラスト部分ということになります。

こちらにmagiがtwitterに投稿したPSA鑑定済みのシクブルと本物のシクブルの比較画像があります。

f:id:gameliveperson:20200910215449j:plain
magi公式twitterより

こちらを見ていただくと、イラストの濃さが若干違うのが分かりますよね。

鑑定済みの左のシクブルは右と比べて色味が濃いように見えるのが分かると思います。

これは初期ウルトラの色味と同じらしく、初期ウルトラを加工したことが分かるそうです。

本物のシクブルを複数所持している方によると、初期ウルトラより濃いシクブルは見たことが無いそうです。

ですので、本物のシクブルは初期ウルトラと比べて色味が薄いものと考えると良いかもしれません。

しかし、色褪せ具合や個体によって濃さが変わってくる可能性もありますので、確実とは言えないかもしれません。

ダイヤモンドカット加工については、本物は綺麗な銀、白色に輝くのに対して偽物は緑や黄色、その他の色に光るそうです。

ただこれもよほどのコレクターではないと見分けるのが難しいようです。

因みにこれは僕がCloveで購入したシクブルになります。

f:id:gameliveperson:20200910221021j:plain

ダイヤモンドカット加工は肉眼で見ると綺麗な銀、白色に光るのですが、写真にするとどうしても他の色が出てきてしまいます...

本物と信じてはいますが生憎、初期ウルトラを所持しておりませんので実際に見比べることはできません。

ただCloveが出品していたいくつかのシクブル画像と比較したときに、全て同じような色味だったのでしっかりと本物だけを見分けて出品しているんだと思います。

こちらはCloveのほうで撮影した僕の所持しているシクブルの画像です。

f:id:gameliveperson:20200829201510j:plain

この画像では綺麗な光り方をしています。

色の濃さもやはり少し薄い感じがするので本物だと思います。

◆まとめ◆

シクブルは色の濃さである程度判別可能。
PSA鑑定は真贋までは鑑定されない。

-コレクター向け, 豆知識, 遊戯王

© 2021 遊戯王コレクション&価格情報 「エマのカード」 Powered by AFFINGER5